INSTRUCTOR
講師紹介

<Profile
10歳よりドラムを始め、中学、高校在学中は吹奏楽部に在籍。大阪芸術大学入学後ヤマハ・ドラム講師資格を取得し、講師活動を始める。同時期に”小曽根実トリオ”でプロ演奏活動を始め、柏木玲子、松田昌等のエレクトーン・トップ・プレイヤーと全国各地で演奏。また数多くのタレントのバックバンドや宝塚歌劇団のディナー・ショー、コンサート、CD録音の仕事を手がける。88年ナチュラル・ドラミング・スクールを設立。92年よりヤマハ・ビッグ・ドラマーズ・キャンプに国内講師として参加、世界のトップ・ドラマーと仕事を共にする。アレンジャー鞍富真一氏のバンドのレギュラー・ドラマーとして数多くのコンサート、CD録音に参加。また作曲編曲活動、吹楽指導にも力を注いでいる。
 
Movieはこちらから
主宰/ドラム
門田 茂
(モンデン シゲル)
<Profile>
 甲南女子大学在学中よりドラムを門田茂氏に師事。在学中はロックバンドに在籍。卒業後一般企業で仕事を続けながらバンド活動及びドラムレッスン受講を続ける。ヤマハ主催の「ビッグ・ドラマーズ・キャンプ」に参加、デビッド・ガリバルディ、菅沼孝三氏らの指導を受ける。95年阪神大震災でのスタジオ移転を機に「モンデン・サウンド・クリニック」の専任講師兼任スタッフとなる。スクールのマネージメント、イベント企画と並行しながら幅広い年齢層のドラム、パーカッションの指導を続ける。また近年は教材音源制作にも力を注いでいる
ドラム・パーカッション
岡本 亜以子
 <Profile>
愛知県立芸術大学を卒業。桑原賞受賞。
打楽器を今村三明、北野徹の各氏に、ドラムを
門田茂氏に師事。1996年に大阪市音楽団(現在Shion)に打楽器奏者として入団。各地でのクリ
ニックやスタジオでの収録、コンクール審査員
など各方面で活動中。パーカッションパフォー
マンス「Beat Jack」、室内合奏団「アフター
アワーズセッション」メンバー。大阪府立夕陽
丘高校非常勤講師、関西打楽器協会理事。
2015年度より大阪音楽大学の非常勤講師も務め
る。
ドラム・パーカッション
高鍋 歩
 
   
<Profile>
大学在学中よりベースを始め、白井克治とニューソニックオーケストラにてTV番組、歌手、スタジオ等のバックアッププレイヤーとして音楽活動を始める。またコントラバスを山口彰氏に師事、現在はフリーのベーシストとして活動し、ライブハウスでの演奏やシンガーのサポート、アレンジなども手がける。インストラクターとして現在は後進の育成にあたっている。
副科アンサンブル
ベース
堺 重幸
<Profile>
大阪産業大学卒業後、レコーディングアシスタント、馬詰のりあき&ザ・スクラッチの付き人を経てフリーのミュージシャンに。ギターを佐藤忠行氏、アレンジを宮原透氏に師事。現在はギタリストとしてタレントのサポートやライブ、レコーディング活動を行う。また、作・編曲活動、CM、アミューズメントの音楽制作、マニュピレーター等幅広く活動中。コンピュータにも詳しく宝塚歌劇団の舞台音源制作なども手がける。
副科アンサンブル
ギター
久保崎真也
五歳の時よりエレクトーンを弾き始める。高校時代、憧れていた矢野顕子とジャズとの関わりを知りジャズピアノを安藤義則氏に師事する。その後ビル・エバンスを知りさらにジャズに目覚める.大阪外国語大学ヒンディー語科卒業後、本格的に音楽活動に入りジャズのみならず、Notes Of Joy DeliciousDelightといったソウル、ゴスペル、ブラック・ミュージックのバンドや、オールディズを中心とするBig Benといったバンド、女性コーラスユニットのデビュー・サポート等、数多くのライブ、イベントで活躍する。その他、宝塚歌劇団オーケストラにもキーボードとして参加。2001年より 在日アメリカ黒人によるバンドユニット 4US に参加。もんたよしのりのバックとしても活動する。また、マザーテレサを尊敬し、ボランティア活動にも精力的に参加している。趣味は登山、夢はヒマラヤ登頂。
副科アンサンブル
ポピュラー・
ジャズピアノ
ヴォーカル
糸原 摩理

 
BACK


since 2003.7 / All rights reserved by Monden Sound Clinic